京都市下京区の4ヶ月検診の内容、かかる時間は?体験談公開

さゆ
こんにちは!さゆです。
ひっくん
 こんにちは!ひっくんです!
さゆ
今日はひっくんが、生後4ヶ月だったころの、検診のお話をするよ♪
ひっくん
 え~どんなんだったの?全然覚えてないや!
さゆ
そうやんね(笑)ひっくんが大きくなってどんなんだったかお話できるように、今日はやったこと全部記録しておくね!
ひっくん
やったー!早速いってみよう! 

ということで今回は、4ヶ月検診の時のことをお話したいと思います。

地域によっても異なりますが、だいたいは、

2週間検診、1ヶ月検診、3~4ヶ月検診、7~8ヶ月検診

1歳検診、1歳半検診、3歳検診、5歳検診を受診するところが多いのではないかと思います。

私は2週間検診や1ヶ月検診は、出産した病院で受けましたので、

特に問題はなかったのですが(保健師さんの自宅訪問もありました)、

4ヶ月検診は初めて保健センターで受けますので、

私は事前に、色々インターネットで調べました(笑)

「どんな雰囲気なのだろう」

「どれくらいかかるのだろう」

「何をされるのだろう(笑)」

初めての場所での検診、そしておそらくあるであろう発達検診、

色々不安がありますよね。

まだ4ヶ月の子供を連れての外出は大変ですし、

なるべく短時間で終わらせたいものです。

でも、「京都市下京区 4ヶ月検診」で調べても

意外に情報が少なかったんですよね。

なので、自分で書いちゃうことにしました。

私の主観も入っているかもしれませんが、

そこは大目に見ていただき、

参考にできるところだけちょちょいとつまんでいってください。

前置きが長くなっても退屈なので、

早速、私の息子の4ヶ月検診スタートします。

●持ち物、服装、会場チェック

持ち物

・おむつ替え用品一式

・ミルク用品一式、授乳ケープ(必要であれば)

・着替え(念のため)

・おくるみ的な物(洋服を脱がせるので、寒そうな場合に使います)

・母子手帳、問診票

・ガーゼやタオル

服装

子供の服装は前開きタイプが楽でした。

こんな感じのです。

ママの服装は動きやすいものなら何でも良いです。

会場チェック

授乳場所、おむつ替え場所はあります

・季節によって、空調の効き方も変わるので、体温調整できるものがあれば便利です

ベビーカーで行っても大丈夫です

(途中子供がぐずってしまうと、ずっと抱っこをしていないといけませんので

抱っこひももあると楽です)

ママ一人の参加が多かったです(私の時はパパが一人だけいらっしゃいました)

●4ヶ月検診の流れ

4ヶ月検診の簡単な流れは以下のような感じです。

  1. 受付
  2. 待機
  3. 問診
  4. 身体測定
  5. 小児科の先生による検診
  6. 離乳食講座、子供の発達・育児講座

詳しく説明していきますね。

1.保健センターに到着~受付

4ヶ月検診は、13時半~14時半までの間に受付をします。

(すみません、時間うろ覚えですが、たぶん合っています)

ちなみに、京都市下京区では、月に1回から2回ほど検診日があるようなので、

「突然行けなくなった」となっても日程調整可能ですので、安心してください。

生後4ヶ月だと、まだまだ生活リズムが安定していないので、

予定時間に出発するのってなかなか難しいですよね。

受付時間の幅が1時間くらいあるので、

そのあたりの心配もいりません。

ただ、早めに行った方が早く終わる印象を受けました。

ちなみに私と息子は、運良く早めに家を出ることに成功しましたので、

保健センターに10分前に到着しました。

なんと、待ってらっしゃったのは1人だけで、

2番目でした。(ラッキー)

到着したらすぐに、母子手帳(問診票もあったかな?)を受付に渡して

少し待機をします。

2.待機時間

京都市下京区の保健センターには、

スポンサーリンク

待機場所に広い部屋が設けてあり、そこで待機します。

カーペットがひいてあって、子供を寝かせられます。

(ちなみに現在、京都市は保健センター→保健福祉センターに改編されており、

下京区の検診会場は2F→1Fに変わっている模様です。またレポートします)

息子は、4ヶ月検診のとき、微妙にまだ首すわりが安定していなかったので、

他の子供さんと見比べたりしてしまいました。

(この頃はまだ、他の子と比べちゃっていました。
他の子は他の子、気にしないでくださいね)

私は2番目だったので、待機時間は15分くらいでした。

3.問診の内容

問診は子供に対してと、ママに対しての簡単な内容です。

何時に寝て、何時に起きていますか?

母乳は何回あげていますか?

目で物を追いますか?

子育てで悩みを言ったり頼れたりする人はいますか?

子供がかわいくないと思うことはないですか?

などです。

何か悩みや質問がある場合は、ここで少し言ってみると良いと思います。

あとで、個別で相談に乗ってくれます。

4.身体測定の内容

問診が終わったら、場所を移動し、身体測定をします。

子供のおむつが濡れている場合は替えて、洋服を脱がします。

(寒い場合は、タオルなどで、包んであげてください)

私は、息子の体重が少ないことがわかっていたので、

おむつを替えていません(笑)

無意味な行動ですが、ちょっとでも体重を重く記録したい親心です。

体重、身長、頭位を測ります。

5.小児科の先生による検診

身体測定が終わったら、検診です。

・聴診器を当ててもらい、口の中を見てもらいます

・お腹を触ってもらい(内臓確認?)、股関節チェックをしてもらいます

・おちんちんの様子をチェックしてもらいます

・ガラガラで音に反応するかと、おもちゃを動かして目で追っているかを

チェックしてもらいます

・うつ伏せにしたり、体を引き起こしたりして、首のすわり具合を確認してもらいます

何か心配なことはありますか?

と聞いてもらえたので、私は体重のことと、湿疹のことを相談しました。

体重は「この子の個性だから、少しずつ増えていれば大丈夫」

と言ってもらえたので、安心することができました。

(良い先生でした)

湿疹も心配であれば、小児科で見てもらうように、とのことでした。

6.離乳食講座と子供の発達・育児講座

離乳食講座を子供の発達、育児講座は、何人か揃ってから一斉に始めます。

この時に少し待ち時間があります。

ここでも子供を寝かせるスペースがあるので大丈夫ですが、

泣いてしまう赤ちゃんもいました。

離乳食講座は基本的な始め方から何をどのようにあげていったら良いかという進め方

お話されます。

子供の発達・育児講座は、体の発達の促し方や生活リズムのことなどをお話されていました。

離乳食については、別日に離乳食講座が無料で受けられますので、

その場で予約できます。(私も受けました)

以上で検診は終わりです。

息子よ、お疲れ様でした。

●まとめ

検診内容も文章にすると、結構長く感じますね。

4ヶ月検診の重要ポイントをまとめておきます。

検診時間は1~2時間はみておきましょう

(私は2番目に到着して1時間くらいかかりました)

・子供を裸にするので、おくるみのようなものを持っていって

おきましょう(季節にもよります)

心配なことは、遠慮せず相談しましょう

他の子供と比べなくても大丈夫です

他のママはキラキラ見えますが、見えているだけです(笑)

(自分も他のママからキラキラに見られています)

検診内容は基本的なことばかりなので心配いりません

私の息子は、体重チェックと首すわりの再確認のため、

追加検診を受けることになりました。

私も少し心配だったので、受けて良かったと思っています。

体重増加に悩むママも多いので、

また機会があれば、体重のことも書きたいと思います。

心配であれば、こういったところで相談すると楽になりますので、

どんどん活用してみてください。

子供の4ヶ月検診が無事に終わりますように。

※関連記事※

京都市下京区の8ヶ月検診でひっかかる?気になる体重の増え

京都市下京区の1歳半検診はいつ?内容は?言葉と虫歯の確認など